災害に強いまちづくりの推進
東京ガス不動産株式会社
  
     
     
  
     
    
東京ガス不動産はサステナブルな社会の実現に向け「災害に強いまちづくり」に取り組んでいます。
①地震・洪水に耐えられる建物のスペック
・超高層ビルにおける免振・制振構造等を採用することで大規模な地震が発生した際でも、揺れによる被害を軽減し、入居者が安心できる環境を整備しています。
・新築時における水害対策として、ハザードマップで浸水が想定されるエリアにおいては、防水板や逆流防止弁などの導入を進めています。
②避難所の整備
・自社超高層ビルにおいて、行政と連携することで災害発生時に帰宅困難者を受け入れる体制を整え、地域の暮らしに貢献しています。
③BCPの策定
・外部電力供給が断たれた場合でも非常用発電設備により電力供給を維持します。
・定期的な防災訓練や普通救命講習を行うことで災害発生時の安全確保に備えています。
※全ての物件において行っている訳ではございません。
詳細はこちら