ユニバーサルマナー検定取得によるダイバーシティ意識の構築
上智大学
  
     
  
     
上智大学では、2022年度より、新入生約3,000名を対象に「ユニバーサルマナー検定3級eラーニング」を導入しました。
学校法人として新入生全員を対象とする規模での導入は、全国初の試みとして注目を集めています。
初年度の対象となった今年度の新入生は、入学時オリエンテーション研修の一環として、2022年4月~5月にかけてオンデマンド講座を受講しました。
受講学生へのアンケートの結果、満足度は98%と非常に高く、多くの学生が新しい学びや視点を得ることができたと回答しました。また、検定の受講前に実施した調査では、「障害のある方やご高齢の方をみかけたら、声をかけたりサポートしたりできる自信はない」と回答した学生が47%でしたが、受講後には「自信がある」と95%の学生が回答するなど、キャンパス内外の多様な方々と向き合うマインドを持つきっかけとなりました。
詳細はこちら