持続可能な手帳づくりのパイオニアとして
株式会社NOLTYプランナーズ
  
     
     
  
     
    
NOLTYプランナーズは、環境と社会に対して、次のような取り組みをしています。

■環境に対して
SDGsの前身であるMDGsの時代から、弊社では手帳製造における環境配慮について取り組んできました。2001年には大豆インキを採用、2004年にはエコマーク認定の手帳シリーズを発売しています。そして2022年には、弊社製造の手帳・カレンダー全商品で環境対応紙採用を実現しました。近年では製品だけではなくサプライチェーン全体の中での環境対応について考え、順次実現しています。

■社会(人)に対して
弊社には3つのドメインがあります。①ラーニングデザイン②リレーションシップデザイン③時間(とき)デザインです。手帳やノートという有形の「モノ」を通じて使う方々に「学び」や「コミュニケーション」といった無形の「価値」を提供し、社会活動に貢献していきます。
詳細はこちら