おにぎりで世界を変える
まなびやCAMP
  
     
     
     
    
  
     
    
    
    
 まなびやCAMPの子どもたちは、毎年「おにぎりアクション」に参加しています。
「おにぎりアクション」とは、「おにぎり」や「おにぎりを食べている」写真をSNS等にアップすることで、アジア・アフリカの子どもたちに給食を届けることができるという認定NPO法人TABLE FOR TWO Internationalの取り組みです。
 低学年の子どもたちは、自分でおにぎりをにぎる機会が少ないようで、作っている最中も大盛り上がり。おにぎりのかたちも珍しい形・美しい三角形、個性豊か。
愛情込めて握ったおにぎりを笑顔いっぱい頬張ります。
 おにぎりを握る前には、日本や世界のフードロスの現状についても学びました。
たったお米一粒を残したとしても、それが集まるとお茶碗何杯分もの量になってしまう。
子どもたちが「残さない」「作りすぎない」フードロスについて学ぶ、良い機会にもなりました。
詳細はこちら