エコと高性能を両立する「段ボール保冷ボックス」
多田プラスチック工業株式会社
  
     
     
     
  
     
    
    
当社は、環境に優しい保冷ボックスとして「段ボール保冷ボックス」を開発しました。これは段ボールと発泡ウレタンを組み合わせた製品で、従来のプラスチックと発泡スチロールからなる保冷ボックスと比べ、5倍以上の保冷性能(時間)を持ち、100kgの荷重にも耐える強度を持ちます。高性能の保冷ボックスですので冷凍・冷蔵品の保管・運送時にドライアイスや保冷剤の使用量を削減することが出来ます。素材にプラスチックではなく段ボールを使用しているため軽く、折りたたみ等の仕様にも対応可能です。また、段ボールでありながら防水仕様にも対応可能です。

製品リサイクルについては、金具やプラスチックを使わない製品の特性を生かして製品を回収して粉砕、圧縮することでRPFペレットに成形し、石炭の代わりの燃料として使用するサーマルリサイクルへ取り組もうとしております。RPFは燃焼時に石炭に比べてCO2排出量を30%抑えることが出来る環境に優しい再生資源エネルギーです。
詳細はこちら