焼却(廃棄)処理されていたインキをリユースしてCO2の削減を実現
都インキ株式会社
  
     
     
  
     
    
都インキ株式会社では、印刷会社様で使われなくなり倉庫に保管しているインク(以下「不動インク」とする)を回収し、原料としてリユースした“サステナブルブラックインク”を製造しております。
 “サステナブルブラックインク”を使用することで、不動インク1トンにつき焼却処理時に発生するCO2排出量を約2.17トン削減できると見込まれ、繰り返し“サステナブルブラックインク”を使用することでインクの廃棄ゼロを目指すことが可能となります。
 世界規模で環境問題への対応が課題とされる環境下において、産業廃棄物となる不動インクをリサイクルすることで持続可能社会に貢献する資源となります。
詳細はこちら