ECO絵画コンクール
まなびやCAMP
  
     
     
     
    
  
     
    
    
    
 GSユアサ主催の『小学生ECO絵画コンクール』に応募しました。テーマは「たいせつにしよう みんなのしぜん」です。
 絵を描く前に、SDGsの内容を踏まえて現在の環境問題についてお勉強しました。実は日本の森林は増え過ぎていることや、地球温暖化で氷が溶けてホッキョクグマの住むところが少なくなっていること等、様々な問題にふれた後に、子どもたちひとりひとりが「何を描きたいか」決めました。
 「青空で優雅に飛ぶオニヤンマ」や、「海で悠々と泳ぐ美しい魚」など、個性豊かな絵画を描く子どもたち。
環境問題に興味を持つ、素敵なきっかけになりました。
 一昔前に当たり前に見られた自然がどんどん少なくなってしまっている今。子どもたちが大人になる頃には今よりも自然と共存する社会になっていることを願っています。
詳細はこちら